はじめに

CryptoBridgeとは

CryptoBridge (https://crypto-bridge.org)はBitSharesプラットフォーム上に構築されたゲートウェイと分散型取引所UIです。フェデレーテッド・ゲートウェイの構築とBridgeCoin (BCO) による利益分配を特徴としています。

分散型取引所 (DEX) とは

一般的には特定の管理者を置かずP2Pネットワークで構成された仮想通貨取引所のことです。ウォレット自体に取引所機能を持たせたもの、スマートコントラクト・プラットフォームのDappとして構築されたもの、アトミックスワップなどの方式があります。CryptoBridgeではBitSharesブロックチェーンが持つ取引所機能を利用しています。

BitSharesプラットフォームでは基本通貨であるBTSの他に、法定通貨や金などにペッグされたスマートコイン、およびユーザーが発行したアセット (トークン) をトレードすることができます。

CryptoBridgeなどのBitSharesプラットフォームを利用した分散型取引所は通常はUIとゲートウェイを提供します。UIは誰でも簡単に取引が行えるように提供されるwebサイトなどのアプリケーションです。ゲートウェイは異なるブロックチェーンのコインをBitSharesプラットフォーム上で取引可能にするためのシステムです。

ゲートウェイとは

暗号通貨の即時両替サービスの一種です。

BitSharesプラットフォームではBitSharesプラットフォームで作成されたコインしか扱うことができません。そのためビットコインなどの他のブロックチェーンの通貨をトレードするために、実際のビットコインと一対一に対応したBitSharesのアセットを作成します。そのようなアセットと実際のコインを相互に交換し、等価性を保証するサービスをゲートウェイと言います。コインから等価アセットへの交換を従来型の取引所のように入金、等価アセットから現物のコインへの交換を出金と呼びます。

入金処理ではユーザーから実際のコインを預かり、代わりに同枚数のアセットを発行します。

出金処理ではユーザーからアセットを回収し、代わりに同枚数の元のコインをユーザーが指定したアドレスに送信します。このとき、送信にかかるマイナー手数料を含む出金手数料がかかります。

分散化取引所であっても、ゲートウェイは分散化されていません。すなわち、ゲートウェイが破綻などにより閉鎖した場合は元のコインと交換することができなくなりアセットの等価性が失われます。そのためゲートウェイを介した入出金に関しては通常の取引所と同様のリスクがあると言えます。

CryptoBridgeではユーザーのリスクを軽減するためにフェデレーテッド・ゲートウェイを開発しています。フェデレーテッド・ゲートウェイでは、それぞれのコインのマルチシグ機能を利用して、複数の事業者によってゲートウェイウォレットを管理します。これにより事業者の破綻や犯罪行為による資金の喪失を防ぎ、アセットと実際のコインの等価性を確実なものにします。

このフェデレーテッド・ゲートウェイの実装は2019年以降となる見込みです。

分散部分と非分散部分

既に述べたように分散型取引所と言ってもすべてが分散化されているわけではありません。CryptoBridgeでは以下のように分散化された部分とCryptoBridgeに依存した非分散部分があります。

分散化された部分

  • 取引
  • ログイン管理
  • 資金の管理
  • ユーザー間の送金
  • アセットの発行などその他BitSharesプラットフォームの機能

分散化されていない部分

  • ゲートウェイ (他のブロックチェーンのコインの入出金)
  • マーケットリストの提供